La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年11月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。




★龍の宴

2012dragon_kyoto


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Mishima Sky Walk@三島

リフレッシュの旅の最後は、三島スカイウォークへ。


201603_SW01

新しくオープンした三島スカイウォークは、長さが日本一の吊橋です。
あれ?と思った方、はい、それまでは大分県にある九重夢大吊橋
長さ・高さ共に日本一を誇っていました。

後から生まれるものが先に生まれたものを抜いていくのは理でもあるので、
致し方のないことですし、先に生まれたものがあるからこそ、
それを目標に後から生まれたものは進化していくんじゃないでしょうか。

それでも、やはりちょっと気になって調べてみたら
スカイウォークに長さを10m抜かれたけれど、
九重夢大吊橋は高さが日本一の大吊橋として今も健在でした。

ということで、またいつか抜かれる日は来るだろうけれど、
仲良く両者で日本一を分け合っている状態です。


201603_SW02

全体像はこんな感じ。
まだ新しいので、木々を伐採したあとがちょっと痛々しいですが。
しばらくしたら、木や花が育つと思うので雰囲気も変わってくるんじゃないかな。

そして、三島スカイウォークのウリは長さだけではなく、吊橋から富士山が見えること!
立地による景観が、一番のウリなんですよね。

そう、確かに晴れた日には富士山が見えます。(えっ、何か含みを感じるって?)


201603_SW03

では、渡っていきましょう。
吊橋の幅も1.6mあり、車イスでも通行可能とのこと。
渡り始めはそうでもないですが、真ん中に近づくにつれ結構揺れを感じます。


201603_SW04

はい、左手には富士山が……見えるかな?
ちょっと霞がかかっていて見えづらいですけど、丸で囲んで所に富士山があります。
ちなみにこの写真はトーン&色を調整しています。
そのままでは分からなかったので。

青空が広がる日は、とても綺麗な景色だろうと思うのですよ。

残念ながら、この日は全体的に霞がかかっていまして、
目視でなんとか見えるかなという感じでした。


201603_SW05

案内板を見つけたので、三島スカイウォークの名誉のためにも
晴れた日にはこのような景色が広がっているということをお知らせしておきます。
背景って大事よね。


201603_SW06

霞んでいるけど、懲りずに富士山のアップ写真も撮っていた私。
やっぱりそのままでは分かりづらいので、トーン&色を調整しました。


201603_SW07
北ゲートより

橋を渡りきった北ゲートからスカイウォークを撮影。


201603_SW08

北ゲートには森の散策コースがあって、ここがなかなかいい感じですよ。
山の気を感じる場所で、とても心地が良いです。


201603_SW09

散策コースの一角にflower dropという場所がありまして、
間伐材に花の種を貼り付けた木製チャームが販売されています。
自分でひとつ選ぶ木製チャームの裏にはメッセージが書かれているので、
まさにおみくじのような感じですね。

私の選んだ木製チャームの裏には……『SUN 太陽 キラキラ輝こう!』
書いてありました。

その瞬間、タロットカードのSUNのイメージが私の頭の中に流れ込んできて
これからのことに対して大きな後押しをもらったような心強さでした。

この木製チャームは持ち帰っても良し、吊橋から下に投げて花を咲かせるのも良しと
なっています。そんなわけで、吊橋の下には木製チャームが点々としていました。
そのうち綺麗な花が吊橋から眺められるようになるんじゃないかな。

もちろん、私の花もね。



logo1_LSDA

★遠隔セッション
★スピリチュアルリーディング
★オーラリーディング、過去世リーディング、パワーアニマルリーディング
★スピリチュアルヒーリング、龍の舞ヒーリング
など。


| 中部地方 | 15:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三嶋大社@三島

牡羊座にとって一年が始まった3月に、
心身のリフレッシュとエネルギーチャージの旅に行ってきました。

今回の目的地は、静岡県の三島。

桜えびを食べに行こう!、スカイウォークに行こう!
というパートナーの案にのっかって三嶋大社へレッツゴー♪
ちゃっかり行程に入れましたとも。

平日なのに激混みで、、、
春休みだからか、季節が暖かくなったからか、桜が開花し始めたからか、
とにかく人、人、人なんです。
いつもこんなに混んでるのでしょうか?
大鳥居のある参道には出店も並んでいました。

そして、私を驚かせたのは平日の人手だけでなく、
未だかつてないくらいオープンなエネルギー。

「えっ!」と拍子抜けするくらい大鳥居から総門、神門のあたりはオープンな感じ。
かといって、ツーツーじゃないんですよ。人が多くても嫌な感じも全くないし。
あれだけ人の気がある中で、あの雰囲気を保てるのはもともとの格なのか。
器が大きい神社なんでしょうね。

でも、しっかり見張りはいたんですよ。
木をひょいひょいと駆け上っていく天狗さんを視ました。
何も前データなく訪れたので、ここも天狗系なの?と首傾げつつ中へ。


201603_mishima01
厳島神社@三嶋大社

大鳥居と総門の間にある厳島神社。
水の神として市杵島姫命が祀られています。

この雰囲気が好き。伝わるかな?
優しいけど、芯のあるエネルギー。


総門をくぐって先に進むと腰掛石が見えてきました。


201603_mishima02
腰掛石@三嶋大社

左は源頼朝が、右は北條政子が腰掛けたといわれている石。


神門をくぐって奥に進むと神楽殿と金木犀がお目見え。


201603_mishima03
金木犀@三嶋大社

こちらの金木犀は天然記念物に指定されていて、樹齢1200年をこえるとか。


201603_mishima04
本殿@三嶋大社

すごく立派な造り。
もっと色々写真を撮りたかったけれど、見ての通りの人手なので断念。

御祭神
大山祇命(オオヤマツミノミコト)
積羽八重事代主神(ツミハヤエコトシロヌシノカミ)

事代主神は恵比寿様でもあるので、親しみやすいオープンなエネルギーが
ただよっていたのかもしれません。
ちょうどこの日は大安吉日だったようで、祝言をあげている方が二組もいらっしゃいました。
それもあり祝福のエネルギーが充満していたのかな。


201603_mishima07
健康幸せおまもり@三嶋大社

お土産に買ったお守りは恵比寿様にちなんで鯛の形。
しゃれが効いていて、可愛い。


201603_mishima05
福太郎茶屋@三嶋大社

さて、「こしあん」でくるんだ草餅が三嶋大社の名物と聞き、
ぜひ食べなきゃと境内にある福太郎茶屋へ。
私、「こしあん」に目がないのです。ふ、ふ、ふ。
本当に「こしあん」たっぷりで大満足。


201603_mishima06
三嶋大社

こちらは帰りに通った別の参道。
出店が並んでいた参道とは打って変わって、しんとした荘厳さを保っています。
本当に場所ごとに雰囲気が違って、面白い。

三嶋大社で受け取ったメッセージは、次回のメルマガにてお伝えします。



logo1_LSDA

★遠隔セッション
★スピリチュアルリーディング
★オーラリーディング、過去世リーディング、パワーアニマルリーディング
★スピリチュアルヒーリング、龍の舞ヒーリング
など。


| 中部地方 | 18:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

瓜割の滝と鵜の瀬

本日、満月を向かえて、なんとなく滝の写真が見たくなり
5年前に訪れた瓜割の滝と鵜の瀬@福井の写真を引っぱり出す。

すごーく厳かで、それなのに穏やかな感じがして、
見ていると心が落ち着くんです。


2010_URIWARI
瓜割の滝



2010_UNOSE01
鵜の瀬


2010_UNOSE02
鵜の瀬周辺の景色




| 中部地方 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

武田神社@甲府

昇仙峡からの帰りに訪れたのは武田神社

実は、神社前のお店「かぶとや」で売られている信玄ソフトが美味しいというので
食べ物につられてやって来ました。
信玄ソフトとは、ソフトクリームにきな粉と黒蜜がかかった甘味。
きな粉と黒蜜の愛称って素晴らしい!!すごく美味しいです。
……食べるのに夢中で信玄ソフトの写真を撮り忘れました。(笑)

冷たいもので喉を潤してから、いざ武田神社へ。


201309Takeda01
神橋

朱塗りの神橋を渡り、鳥居をくぐって参道を進みます。


201309Takeda02
拝殿

祀られているのは武田信玄公。
神社の雰囲気は堅苦しくなく、開かれた感じがします。
そして、この日は多くのお宮参りの家族にもすれ違いました。
やっぱり地元の方に愛されてるんでしょうねぇ。


201309Takeda03
お堀にいた白鳥と鴨

境内には森もあり、ちょっとした散歩道にもなっていますが、
散策はせずに帰り道へ進みます。
お堀で白鳥を発見!鴨と仲良く泳いでいました。
まさかお堀の中に白鳥がいるとは思っていなかったので、ちょっとびっくりしました。


そういえば、昇仙峡で私の後ろからついてきていたかつての武士らしき人々は、
武田神社が目的だったようで参拝後にはいなくなりました。
何でまたこんなご一行様になってるんだと思ったもののいつものことだから
あまり気にしていなかったのです。(←石に夢中でどうでも良かったとも言う)
またTAXYにされたのね。で、そのお礼があの石かもしれない。

最近のTAXI案件は巧妙になってきてて、事前の知らせがなく
現地集合現地解散になってることが多いです。




昇仙峡@甲府

夫婦木神社姫の宮@昇仙峡
武田神社@甲府
信玄餅@桔梗屋


| 中部地方 | 14:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夫婦木神社姫の宮@昇仙峡

仙娥滝を後にした私たちはロープウェイ乗り場の近くにある
クリスタルサウンドへ向かっていました。
昇仙峡には鉱石や天然石を取り扱うお店がたくさんあるので、
それも楽しみの一つ。お目当ての石を探してふらふらとお店に
吸い寄せられるレイチェル。

その途中、夫婦木神社姫の宮の看板を発見し、
神社の後ろに聳え立つ素敵な山のエネルギーに惹かれて神社へ。


201309Himenomiya
夫婦木神社姫の宮

本当に後ろの山がいいエネルギーに満ちています。
そのまま神社へお参りし、帰ろうとしているところで宮司さんに遭遇。
ご神木がどこにあるのか尋ねてみると、神社の奥に祀られてあり、
拝観には300円の別料金がかかりますとのこと。

せっかくなので拝観料を支払い奥へ行ってみました。
宮司さんに案内され、解説を受けながらご神木etcを満喫。
ご神木は樹齢800年だそうです。
別の場所から切ってここへ持ってきているので、
本当だったら匂いはしないはずなのにヒノキの香りがします。

根もない状態なのに、生きているのかしら?
なんでもラジウムを吸って育ったから、
こういうことになっているらしいのですが真相は謎のまま。

ちなみにこちらは夫婦木神社の下社。
夫婦円満、子宝で有名な神社らしいです。
そのご利益をもとめて全国、海外から人が訪れるとか。

そのどれよりも驚いたのは宮司さんのお話です。
宇宙の話とか陰陽の話とか色々お話してくださいました。
神道系にしては珍しいなぁと楽しく拝聴させていただきました。

そして、クリスタルサウンドへ。


201309CrystalSound
宝石立体像による川中島合戦の像

ここは石の博物館にもなっているので訪れるのを楽しみにしていた場所です。
宝石から水晶などの鉱石まで展示していて、テンションが上がります。
しかもこの日は入場無料でした。

写真は宝石立体像による川中島合戦の像。
これね、ちょうどよい高さにカメラ台があり綺麗に写るようになっています。
他にもヒスイの五重塔とか、宝石各種とか、原石がどーんと展示されていました。

2階のミュージアムショップには、水晶クラスターや原石をはじめ
ブレスやネックレス、天然石の一粒売りから連売りまでありました。
隅々をくまなく探して、私はここでお目当ての石をゲット。
来た甲斐がありました。

その後も来た道を戻りつつ、鉱石のお店をはしご。
そこでものすごいアピールをする石に出会い、我が家へ迎えることになりました。
旅に出るとよく「これだ!」という一目惚れの石に出逢うんですが
何の石か判らないことが多いんですよね~。しかも精霊のサポートの付き!

今回の石は、お店人曰なんとかというクォーツ(水晶)ということですが……違うと思う。
色々調べた結果、たぶんロードナイトが近いかな。
本当にそうかは鑑定に出してみないと分かりませんが、
自分用だし、そこまでこだわっていないのでこのままでOKです。
問題はそこじゃなくて、石についてきた精霊のサポートの方だから(笑)
時間できたら紐解こうかな。

今は縁あってやってきた石を歓迎しまーす。




昇仙峡@甲府

夫婦木神社姫の宮@昇仙峡
武田神社@甲府
信玄餅@桔梗屋


| 中部地方 | 21:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT