La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年10月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。




★龍の宴

2012dragon_kyoto


2015年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

竹ペン&竹枝ペン@別府

別府はつげ工芸とならんで竹工芸も名産です。
竹工芸というと竹籠が真っ先に浮かびますが、最近はいろんな種類の竹工芸が
アーティストによって作られています。

たまに何か面白いものないかなと探していて、
今回、文具好きな私の心をくすぐる一品に出逢いました。


201511Beppu05
竹ペン<籐巻>

竹聲館(ちくせいかん)の高見八州洋氏によるハンドメイド品。
持ち手は籐巻になっていて、手になじみます。
ペン先が丸くなったときは、ナイフで削ったり、やすりで磨いて自分好みに調整可能。

これはインクをつけて書く付けペンタイプ。
万年筆好きとしては外せないなと、うちの子になりました。
今からインクをつけて書くのが楽しみです。


201511Beppu04
竹枝ペン(ポールペン)

そして、こちらはBeppu Style(別府スタイル) の竹枝ペン(ポールペン)。
自然の竹をそのまま素材にしているので、同じものはひとつとしてありません。
曲がり具合も味ですね。



| ステーショナリー | 09:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋葉神社@別府

201511Beppu01
秋葉神社

友達とランチして「次どこ行く?」という問いに「秋葉神社」と答えた私。
「またマニアックなところを(苦笑)」と言いつつも車で連れて行ってくれました。

別府は市の規模からいっても神社が多いと思います。
地区ごとにあるような感じで、小さいのも入れると本当にあちこちにあります。
それもあり、自分の地区にある神社を知ってはいても、
別の地区の神社となるとさっぱりな人も多いと思うんですが、
私の友達は秋葉神社を知っている一人でした。


201511Beppu02
秋葉神社

秋葉通りにある秋葉神社。
子どもの頃、お祭りがあるとよくここに遊びに来ていました。
(私は自分の地区以外のお祭りへ遠征したり、はしごしたりしてました)
だからか個人的には夜の方がにぎやかなイメージなんですけど。

御祭神は火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ)。
その隣にある稲荷神社と共に地元の人に親しまれてきた神社です。

久しぶりに訪れて分かったことは、ここのエネルギーは天狗系だと。
あくまでも私の中の分類ですけど。
やよい銀天街の天狗が火災除けとして祀られていることを考えるとさもありなん。
天狗といえば朝見神社が思い浮かびますが、
別府市内の至る所に天狗さんのブランチがあるような気がします。

別府は温泉の街なんですけど、それとも関係が有るのかな。
もしくは天狗が温泉好きだったりして。


201511Beppu03
秋葉稲荷神社

秋葉神社の隣には別府最古の稲荷神社とされる秋葉稲荷神社があります。
御祭神は宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)。

どちらの神社も活気あるエネルギーなんですが性質は対照的で、
天狗が静なら狐は動。
印象としてはこちらの方がイキイキと動いている感じ。

私にとってはどちらも懐かしい思い出の地なので、
訪れると気持ちが上がります。



| 九州地方 | 08:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グリーングリーン

少し前からそんな感じはしていましたが、
最近よく緑色の石が私の元に集まってきます。
翡翠とかメノウとかアベンチュリンとかマカライトとか……。
同じ緑でも淡い色から濃い色までさまざま。
どれも個性的な色合いを持つ石ばかり。

緑は癒しの色とされていますが、私を癒してくれようとしているのか?
それともヒーリングのサポートを買って出ているのか?
または単なる偶然か、でもこれだけ重なると必然かも。

それらは全て身内や友達経由でやってきているので、
石が持ち主を選んだような感じです。

うちに来た緑色の石たちは、ほとんど主張をしません。
静かにたたずみそっと見守りつつ癒してくれているかのよう。
いつも穏やかなんです。

でも、その石が稀に「私を連れて行って」とアピールする時があります。
見た目はいつもより輝いているような感じかな。
直感に従って連れて行くと、石は私のガードをしているようで
嬉しそうに光っています。

そんな緑色の石たちを見て、緑もいいかもなと思う青好きの私。(笑)

ぐいぐい行くのでなく、あくまでそっと付き添う感じのスタンスで、
「こういう穏やかな時間もいいもんでしょう」と
白黒つくけたくなるせっかちな私に、
自分の行動を通して伝えようとしているのかもしれません。



| TALISMAN | 10:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

龍の宴(12月)

いつもありがとうございます。
La sabbia d'argentoのレイチェルです。


今回、2015年のシメに相応しく、久々に龍の宴を開催する運びとなりました。

年末らしく、私からは参加者ひとりひとりに「来年のキーワード」を
お伝えする予定にしています。

テーマは各自持ち寄りなので、聞いてみたいこと、話したいことなどを
おしゃべりにいらっしゃいませんか。

いつも不思議と共通のテーマが垣間見える龍の宴、
今回もこれからにふさわしい内容になるような気がしています。

なお、女性限定の龍の宴とさせていただきます。


2012dragon_kyoto


龍の宴 
日時:12月23日(水)祝日 13:30~15:30

場所:相模大野

定員:6名まで

参加費:5000円(事前振り込み制、1ドリンク付)
※メルマガ割あります。詳細は12月のメルマガにて。

龍の宴は、日常の話からスピリチュアルな話まで、
話したいこと、聞いてみたいことなどをみんなでシェアするお茶会です。


同日の個人セッションも2枠あります。
45分 10000円
★日時:12月23日11:15~12:00
★日時:12月23日12:15~13:00



お申し込み方法
下記の必要事項をご記入のうえ、メールにてお申し込み下さい。
折り返し、お振込に関する詳細を記載したメールをお送りします。

・お名前(ふりがなも)
・当日の連絡先
・ご希望 龍の宴 or 個人セッション


★お申込み先はコチラ↓

ありがとうございます。受付は終了しました。




| お茶会 | 20:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

何じゃこりゃ!?

先日、家を出ると外階段の手すりに一羽のカラスが止まって
私をじっと見ていました。

(あのね~、そこにいると驚くことになるかもよ、私すぐ側通るから……大丈夫?)

とカラスに語りかけながら、その横を通り抜けようとしたら、
カラスは一瞬ビクっとなって飛び立ちました。

(だから、そう言ったのに。)

驚かせるつもりはないけれど、やっぱり警戒するよね。
あのカラスはというと、近くに止まって様子を伺っている模様。
この話はこれで終わりのはずだったんですけど、
私が忘れ物取りに戻ったので再び同じ場所を通ることになったら、
またあのカラスが止まってこちらを見ていました。

(今日はゴミの日じゃないのにどうした?)

カラスは賢いので、ゴミの日を覚えていて決まった曜日に出勤?してきます。
だから、普段、この辺ではそれ以外の日に現れることはないのですが、
何でもない日にこんな近くに寄ってくるなんて……と気になったのです。

(帰ったら、カラスを『アニマルスピーク』と『Animal Spirit Guides 』で調べてみよう)

何か伝えたそうなカラスの目が気になってそう思いました。
というのは、少し前の夢に白い鳥が出てきて、ものすごくアピールされたのです。
その鳥が何なのか、そして意味は何かということも調べていた折だったので、
シンクロしていたのかもしれません。

その夜、気づくと足元に暖かいエネルギーが来ていました。
私の場合、獣系(キツネ・オオカミ・イノシシ・トラ・シカ他)のエネルギーは
なぜか足元で感知します。(笑)

何が来たのかと探っていても、なかなか判明しません。
ひとつひとつ思いつく動物をあげて、反応のあったものをまとめると
ヒツジ+ヤギ+ウシ=!?という結果に。

何じゃこりゃ!?

でも、私それを知ってる。
どこかで最近見たんだよなと記憶をたどっていきました。
アレだ!イエローナイフで見た、Muskox!!!


20151120
Muskox

そう、これ↑です。
Muskoxとはジャコウウシのこと。
イエローナイフの観光案内所で剥製を見たときに思ったんです。
その姿が、ヒツジ+ヤギ+ウシのようだと。

Muskoxの姿が露わになると同時に力強いメッセージがでんっと降りて来た。
『チャレンジから逃げるな。あなたの進む道はあなたの前にある。』
何を指しているのか本人にだけ分かるメッセージで、痛いところをつかれた私。(笑)
お後がよろしいようで……。


と、ここ連日のパワーアニマルたちのアピールには目を見張るものがありまして、
『アニマルスピーク』や洋書『Animal Spirit Guides 』の紹介になったわけです。

夢や日常で気になる動物が現れたときに、本を引いてみるのも楽しいですよ。
そこから得る気づきは、もしかしたらあなたも心のどこかで
そう思っていることかもしれませんし、目からウロコのメッセージの場合もあるでしょう。

そんなあなたを取り巻く日常の神秘やシンクロに敬意を払うことこそが、
パワーアニマルたちが大切にして欲しいなと思っていることかもしれませんね。


P.S.
さすがにMuskoxはマイナーだから載っていないだろうなと思ったら、
洋書『Animal Spirit Guides 』には載っているじゃありませんか。
分厚いだけのことはある。
本の重さも気にならないkindle版も買おうかしら?


| パワーアニマル | 12:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT