La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年11月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。




★龍の宴

2012dragon_kyoto


2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ババさまはかく語りき2

先日のババさまからの電話は、
TALISMANブレスのサイズ直し依頼と
世間話を少々でした。

年を重ねていくと指示代名詞が会話に多くなるのよね。
コレ、ココ、ソレ、ソコ、アレ、ドレ、ドコなど。

だから、ババさまとの会話はクイズのようです。

レ「もしもし。久しぶり、元気?」

ババさま「元気やで。ほら、アレあるやんかー。アレよ、アレ。
あんたにもらった」

レ「・・・どれ?」

ババさま「ここにこうつけるアレ」

レ「ここってどこ?」

ババさま「あんた何言いよん。ここはここじゃ。アレはほらアレじゃ」

レ「……(笑)」

今、電話なんだけど
目の前で話しているならアレとかココで指差しているところも分かろうが
さすがに分からんで。

ババさま「よぅみんなつけちょんやんか。あんたが作ってくれたアレや」

レ「ブレスのこと?」

ババさま「ソレ!ブレスが縮んだんか私が肥えたんか知らんが
小さくなったけん、珠を増やしてくれんか」

レ「いいよ。ゴムが伸びることはあっても縮まんやろうけん、
あんたが肥えたんじゃろう。」←さりげなく指摘するブラックレイチェル

ハバさま「そうじゃ。私が肥えたんじゃわ。ワハハハ
ご飯が美味しいけん、つい食べるしおやつもでるんやで」

レ「ご飯が美味しいのは良かったな」

ハバさま「あーホント良かった。
病院のご飯はマズくて食べれんかった。
よくあんなご飯をだすな。家畜のエサかと思うくらいやった」

レ「あんた言いたい放題言いなさんな。
病院食もそこまで酷くはなかったやろう。薄味なだけで」

ババさま「薄ぃなんか通り越して、味なんかいっこんついてねかったで。
手抜きじゃー」

レ「そう思うかも知れんけど、
病院食は患者さんの健康を考えて作ってるから
薄味でも手間はかけて作ってあるんで」

ババさま「へぇー、そうかなぁ」


病院食は薄味でしたが、私には美味しかったけどなぁ。
ババさまの口に合わなかったんでしょうね。

そんなやりとりがあり、いつものことながら、
なかなか本題を言わないババさま。

たいてい最後に言うから、
他の話題をふって様子見していた私ですが、
ババさまからの告白に思わず笑ってしまった私。
いや、だって、どうしてそうなるのか
本当に私の予想の斜め上を引く人だ。

結論、リハビリに燃えていました。

すごいバイタリティだわ。
御年94歳にして、頑張ろうと思える気持ちは
本当にすごいと思う。
すこしぐらい手を抜いたり、誰かに寄りかかっても
誰も文句は言わないと思うのに。
彼女は、戦わずにはおれない人なのね。

人に頼るとか甘えるのが苦手なの。

自分が役立たずに思えるから、
存在意義が見出せなくなるから、
というのが大きいかな。

人に甘えるとか頼るというのは、
怠けてるように見えて
自分が許せないみたいでした。

その気持ち、分からなくもないんですが。
私もかつてそうだったから。
ある時、自分ができることも人に任している人を見て
「どうして?」って質問してみたんですよ。

そうしたらね、
「時間に余裕ができて、より自分がしたいことに集中できる」
って答えが返ってきました。

自分じゃなくてもできることは、他の人に任す。
それは相手のためにもなるから。

全部自分が自分がとやっていたら、
周りは成長しない。

確かにそうですよね。

その人の意見を聞いて以来、
私も自分でできることの一部を他の人に任せてみることにしました。
いや~もう「忍耐」ですなぁ。
見守るって、体力使います。
気にしなきゃいんですが、性格上そうも言ってられなくて
それとなく気にしてみてエネルギー使います。(笑)
そういうのもひっくるめて任せられるようになると
違うんでしょうねぇ。

だから、相手に任せた後は、
自分は別のことに集中しておくことにしています。
そうすれば気にならない。
気になる暇がないとも言いますが。

もう、全てうまく行くと信じて任せる。

ババさまと話していると、
人の不安や気持ちについて思い知らされます。
強く思い込んでいる人ほど、本当は救われたいのだと。

自分の存在意義って何でしょうね?

誰かからの賞賛や承認に重きを置いていると人生辛くなるだろうな。
そりゃあ、誰かから賞賛されたり、承認されたら嬉しいですよ。
でも、そればかりを求めていても、いつもそうあるとは限りません。

誰かからの賞賛や承認は、
むしろプラスαの付加価値(おまけ)のようなものじゃないでしょうか。

逆にそれがなかったら存在しちゃいけないのか?というと
そんなことないし。

そこにいるだけで、生きているだけで価値がある。

私はそれをすんなり受け取れるようになるまで
何度も何度もつぶやいて心と体にしみこませました。
思考パターンは習慣だからね。

基本はここなの。

気持ちが落ちても上がってもここに戻るの。

そうするといろんなことが随分と楽になりました。

ババさまもそう思えると違うんだけどなぁ、
一筋縄ではいかない相手です。



logo1_LSDA

★遠隔セッション
★スピリチュアルリーディング
★オーラリーディング、過去世リーディング、パワーアニマルリーディング
★スピリチュアルヒーリング、龍の舞ヒーリング
など。

セッションは遠隔・メール・Skype・Skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。



| つぶやき | 23:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |