La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年10月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。




★龍の宴

2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボスポラス海峡クルーズ@イスタンブール

トルコ紀行、旅の締めくくりは、ボスポラス海峡クルーズ!
これ本当は朝の予定でしたが、サンセットの方が絶対綺麗だからとガイドさんたちが予定を入れ替えてくれたんですね。
今回のツアーは、そういうガイドさんの配慮があり、諸々の遺跡や観光地で、一番いい状態を見せていただきました。
さすが、今回のTAXI案件水先案内人が選んだツアーだけあるなぁ。

そのクルーズ船から、景色を眺めていて
バロック好きなレイチェルが思わず反応したもの。

それは...


201108_Turkey_155

ドルマバフチェ宮殿 Dolmabahçe Sarayı
新市街のベシクタシュ地区、ボスポラス海峡に面したところにたつ
オスマントルコ末期に完成したバロック様式&オスマン朝様式の宮殿です。


201108_Turkey_156

夕日が沈み始めました。サンセットのシャッターチャンスです。


201108_Turkey_157

船酔いも忘れて、左右の景色を撮りまくっていました。
なんだか、少しヴェネツィアの風景とも似ていますね。
そう、思うのは私だけだろうか?


201108_Turkey_158

サンセット、私のターゲットは...
ボスポラス海峡アジア側にあるベイレルベイ宮殿です。
こちらもレイチェルのバロックセンサーに反応した建築物となっています。
ボスポラス大橋のたもとにあるベイレルベイ宮殿にも、
バロック様式とオスマン朝様式を合わせた折衷様式が採用されているとか。
夕日に照らされて綺麗ですね~。


201108_Turkey_159

ベイレルベイ宮殿のボスポラス海峡側にある扉なんてキラキラ黄金色に輝いています。


201108_Turkey_160

ボスポラス海峡で見るサンセット。
当初は船酔いも心配されましたが、無事に1時間強のクルージングに
参加でき、旅の良い思い出となりました。



トルコの旅
赤い河@トルコ
飛んでイスタンブール@トルコ
マルマラ海にて@トルコ
トロイ(Truva)@トルコ
エピソード1@トルコ
エーゲ海@トルコ
車窓から1@トルコ
エフェソス1@トルコ
エフェソス2@トルコ
エフェソス3@トルコ
エフェソス4@トルコ
エフェソス5@トルコ
エフェソス6@トルコ
エピソード2@トルコ
車窓から2@トルコ
ヒエラポリス-パムッカレ1@トルコ
ヒエラポリス-パムッカレ2@トルコ
コンヤ@トルコ
カッパドキア1@トルコ
カッパドキア2@トルコ
カッパドキア3@トルコ
カッパドキア4@トルコ
カッパドキア5@トルコ
カッパドキア6@トルコ
カッパドキア7@トルコ
カッパドキア8@トルコ
カッパドキア9@トルコ
車窓から3@トルコ
アヤ・ソフィア1@イスタンブール
アヤ・ソフィア2@イスタンブール
バシリカ・シスタン (地下宮殿)@イスタンブール
スルタン・アフメット・ジャーミィ@イスタンブール
トプカプ宮殿1@イスタンブール
トプカプ宮殿2@イスタンブール
ボスポラス海峡クルーズ@イスタンブール 
エピソード3@トルコ


関連記事

| 海外パワースポット | 08:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT