La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年10月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。




★龍の宴

2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エピソード3@トルコ

トルコから帰国し、2週間経った頃でしょうか。
部屋の片隅に、古代近衛兵のような格好をした者たちがいることに気づきました。一瞬、目の端にかすめた気がするけど、気のせいか?とあらためて視てみると...やっぱり綺麗に並んで立っているじゃありませんか。

何を隠そう、彼らこそ今回のTAXI案件の水先案内人なのだ。
しかしなぜ、またココにいる?
確かみなさんとは、トルコで別れたはずですけど?

不思議に思い聞いてみたら、「お護りしています」とのこと。
ん?と思って、突っ込んで聞くと「案件のお礼にあなたの護り(サポート)に入ることにしました。どうぞお使いください」と言われる。

彼らも邪魔にならないようにできる限り気配を消していたみいで、
私がグランバザールで買ってきた香水瓶を盾にカモフラージュしていました。

TAXI案件に行くと昔の眷属に出逢ったり、おまけが増えたり、次のTAXI案件をお願いされたりといろいろありますが、こんなに一気に大人数増えるのは初めて。せっかくなので、この際あちこちに配置して護ってもらうことにしました。使えるものはみな使え。そして、みんなで幸せになろう!(^・^)

すでに亡くなっているのになぜ?と不思議に思う方もいるかもしれませんが
彼らは既に昇華された方々なので、未練があってこの世に残っているわけではありません。亡くなって天界に行った後、目的を持って地上界のサポートに入っている方たちなんです。だからスピリットガイドに近いタイプですね。
私はガイド見習いって呼んでますが、正式名称じゃありません。

彼らが言うには、視えない世界側でサポートをすることで役に立ちたいのだそうです。それが、彼らの学びであり仕事だと。

私が、これまで出会ったパターンは
亡くなって天界にいって休憩する方
亡くなって天界にいって次の世に転生する方
亡くなって天界にいった後、そのままこういう仕事をする方
など、があります。

だいたい多くの方が上のふたつに当てはまっているんですが、たまに居るんです。一番下に当てはまる方とさらに例外ケースが。

1+1=2というようには割り切れない世界です。際限はありません。
それゆえ、この世界はこういうものという先入観をもつとそこしか視えません。いろんな本を読むこともそうですが、多くの事例や経験から学ぶことが多い世界です。

たとえば、バラは赤のみと思っている人には、他の色は受け入れられません。
黄色いバラはバラじゃない。本当にそうでしょうか?
いろんな種類のバラがあり、色がある。

うん、だけどそれすら制限になることもあるんですね~。(笑)

そういうことを一切意識せず、ジャッジしないであるがままに眺める、
受け入れることの大切さを日々いろいろなことから学びます。


寛容は海のように広く。

自分自身であれ、あるがままに。


(『メヴラーナ 7つの教え』より)



長々とつづってきたトルコ紀行も、これにて完結!
ご愛読ありがとうございました。

次は、どこに行こうかな~


トルコの旅
赤い河@トルコ
飛んでイスタンブール@トルコ
マルマラ海にて@トルコ
トロイ(Truva)@トルコ
エピソード1@トルコ
エーゲ海@トルコ
車窓から1@トルコ
エフェソス1@トルコ
エフェソス2@トルコ
エフェソス3@トルコ
エフェソス4@トルコ
エフェソス5@トルコ
エフェソス6@トルコ
エピソード2@トルコ
車窓から2@トルコ
ヒエラポリス-パムッカレ1@トルコ
ヒエラポリス-パムッカレ2@トルコ
コンヤ@トルコ
カッパドキア1@トルコ
カッパドキア2@トルコ
カッパドキア3@トルコ
カッパドキア4@トルコ
カッパドキア5@トルコ
カッパドキア6@トルコ
カッパドキア7@トルコ
カッパドキア8@トルコ
カッパドキア9@トルコ
車窓から3@トルコ
アヤ・ソフィア1@イスタンブール
アヤ・ソフィア2@イスタンブール
バシリカ・シスタン (地下宮殿)@イスタンブール
スルタン・アフメット・ジャーミィ@イスタンブール
トプカプ宮殿1@イスタンブール
トプカプ宮殿2@イスタンブール
ボスポラス海峡クルーズ@イスタンブール
エピソード3@トルコ 


関連記事

| スピリチュアル | 07:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT