La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年10月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。




★龍の宴

2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブラジルからペルーへ

イグアスの滝を見た後は、公園内のレストランでランチ。
ビュッフェなので、好きなものを少量(←ここポイント)盛り付けて楽しみました。
レストランの外では、ハナグマがあちらこちらにいて食べ物を狙ってます。
ファーストフードやテラス席もあるので、そのおこぼれを待っているらしい。
でも、係員はエサを与えないようにと注意を促し、ハナグマを追い払っていました。
人間と必要以上に関わると生態系が崩れてしまうからかな。


20130505_37

空港までの道すがらバードパーク、三国国境地点、トイレ休憩のお土産屋へ立ち寄る。
このお土産屋さんで、それはもう大変美しいアクアマリンのルースを見ました。
あれは、希少なサンタマリアアクアマリンやんっ!と釘付けに。
普通のアクアマリンにしても、薄い色から濃い色まであり、青好きな私は心が揺れる。
でもね、いくらブラジルがアクアマリンの産出国でもお値段はそれなりです。
絶対日本で買うよりは安い!と分かっていても、お手ごろとは言いがたいお値段だったので、
見ただけで終了。いい目の保養になりました。

私が宝石に目を奪われているうちにパートナーはカイピリーニャを購入。
シュラスコを食べた時に飲んだブラジルのカクテル「カイピリーニャ」が気に入ったんです。
カイピリーニャは、カシャッサをベースにライムと砂糖と砕いた氷を混ぜてつくるカクテル。
口当たりは甘いですが、度数の強いお酒です。ベースのカシャッサは38度あります。
焼酎や泡盛のような感じ。

飛行機は20時頃発なのに、なんでそんなに空港に早く行くのかと思えば、
待合室は狭く、遅く行くとイスに座れない可能性があるとのこと。
しかもゲートが一旦18時30分に閉まり、出国手続きもストップするんです。
何でしょうね。この一旦閉鎖って?

だから荷物検査して先に進んだはいいけど、ゲートが閉じて待合室に入れない人が
たくさんいましたし、ギリギリ中に入ったはいいけれど、
もう既に係員がいなくて出国スタンプを押してもらえなかった人も。
困りますよね。しかも、飛行機遅れるし。

結局、出発30~40分前に係員が戻ってきて、仕事再開。
スタンプ待ちの方も無事押してもらえてました。

そんなこんなで、飛行機に乗り込みペルーへ。
飛行時間は約4時間。
お弁当食べたりしてるので、そんなに長くは感じません。

イグアス(ブラジル)→リマ(ペルー) 約4時間 席配列:3-3


ペルーのホルヘチャベス国際空港で、不思議な光景に出会いました。
荷物をカウンターで受取り、出口へ進む前にロシアンルーレット荷物検査があります。
入国で荷物検査がある国は初めてだ。しかもロシアンルーレット!(笑)
昨今、麻薬の密輸が多くなってきていることから、こういうチェックが導入されているそうです。

なんでロシアンルーレットと私が言ったかというと、
ボタンを押してが点灯したら荷物検査レーンへ。
ボタンを押してが点灯したら、そのままEXITへ。
となっているんですね。

しかも、がでるのはランダムでいつでるか分からない。
だけどね、どう見ても怪しいだろうという風貌や荷物が多く怪しく見える人のところでは
必ずと言っていいほどが出るんですよ。
実は、コントロールされているんじゃない?と思ったほど。

そんななか、前で3人続いてが出る。
あれ?怪しく見えない人もだった。
荷物が多いからかな?

「さぁ、どっちが押す?」とパートナーと顔を見合わせ、私がボタンを押すことに。
家族単位なので、押すのは代表ででいいそうです。
少しドキドキしましたが、見事にが点灯。
そのままスムーズにEXITへ。

ちなみに私たちのツアーは誰一人止まることなくEXITへ。
やっぱり、日頃の行いが良いからだねとみんなで言いあう。
添乗員さん曰、日本人のツアーだから止められないということもなく、
を引いて荷物検査になることもあるそうです。


20130505_38

そんなイベントもあり、ホテルに着いた時には午前0時を過ぎていました。
時差があるので、ブラジル時間の午前2時。(^_^;)
眠くないはずはないけど、お風呂をためて入りました。

そうそう、ペルーでの約束事がありまして……

トイレットペーパーはトイレに流してはいけない。(←重要)
個室内のゴミ箱へ捨ててくださいとのこと。
ペルーのトイレットペーパーは非水溶性のため水で溶けずトイレがつまるそうです。
これはペルーの空港に着いた時から流すなと言われていましたが、
5つ星のホテルだろうが、空港だろうが、土産屋だろうが同じです。

ペルー国内ではトイレットペーパーは個室内のゴミ箱へ捨てること。
ちょっとやっかいに感じますが、郷に入りてはですね。



南米の旅
リオ・デ・ジャネイロ@ブラジル
リオ・デ・ジャネイロの風景@ブラジル
サン・セバスチャン大聖堂@リオ・デ・ジャネイロ
ポン・デ・アスーカル@リオ・デ・ジャネイロ
コルコバードのキリスト像1@リオ・デ・ジャネイロ
コルコバードのキリスト像2@リオ・デ・ジャネイロ

ブラジルからアルゼンチンへ
ブエノスアイレス@アルゼンチン
メトロポリターナ大聖堂@ブエノスアイレス
ボカ地区@ブエノスアイレス
レコレータ墓地@ブエノスアイレス
ブエノスアイレスの夜

ブエノスアイレスからイグアスへ
悪魔の喉笛@イグアスの滝
Hotel das Cataratas@イグアスの滝
朝の散歩道より@イグアスの滝
ボートツアー@イグアスの滝
絶景スポット@イグアスの滝

ブラジルからペルーへ
マヨール広場@リマ
サン・フランシスコ教会@リマ
車窓から1@ペルー
南十字星@パラカス
ナスカの地上絵(前編)@ナスカ
ナスカの地上絵(後編)@ナスカ
家の守り神『プカラ牛』@ペルー

リマからクスコへ
サクサイワマン遺跡@クスコ
アルマス広場@クスコ
車窓から2@ペルー
車窓から3@ペルー
ハイラム・ビンガム・ロード@マチュピチュ
マチュピチュ遺跡1@ペルー
マチュピチュ遺跡2@ペルー
太陽の門(インティプンク)1@マチュピチュ
太陽の門(インティプンク)2@マチュピチュ
Sanctuary Lodge@マチュピチュ
ワイナピチュへの道1@マチュピチュ
ワイナピチュへの道2@マチュピチュ
ワイナピチュ1@マチュピチュ
ワイナピチュ2@マチュピチュ
ワイナピチュ3@マチュピチュ
マチュピチュ村(アグアスカリエンテス)
車窓から4@ペルー

エピソード1@南米
エピソード2@南米
エピソード3@南米
Libertador Palacio del Inka@クスコ
クスコからリマへ
リマよさらば@ペルー
地球の裏側から日本へ

番外編
細幅靴を探して@海外編


関連記事

| DIVERTIMENTO | 17:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT