La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年10月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。




★龍の宴

2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワイナピチュへの道1@マチュピチュ

話は、南米の旅を計画していた時に遡る。

マチュピチュに行くことが決まり、
そこでの自由行動をどう過ごすかパートナーと話し合っていた時、
ワイナピチュ登山の話が話題に上りました。

ワイナピチュ山の頂上から、マチュピチュ遺跡を見下ろす絶景を見たいか?

せっかくだから、予約できるのなら見たいというパートナーに対し、
そりゃあ、見れるものなら見たいけど登れるかどうか自信のない私。
パートナーは難なく登れるでしょう。
私は……?

それで、色々とワイナピチュについて調べたのです。
一日400人の入山制限。事前予約が必要。
道は?頂上からの景色は?所要時間は?
調べれば調べるほど、登れるか分からなくなる。
坂と階段が苦手なのに、ワイナピチュ登山は坂と階段のオンパレード。
非常に微妙なライン。

しかも、行く手を阻んだのはそれだけではありません。
最近の大手ツアーではワイナピチュ登山をOPから外していて、
自由行動中に登山をして欲しくない様子。
なので、旅行会社を通してのワイナピチュ登山の申し込みは不可。
もともとワイナピチュ登山がセットになっているツアーもありますが、
日程が合わず断念。

他に方法は?と探していたら、
ペルー文化庁のHPから申し込みできることが分かりました。
ところが、2013年3月時点ではシステムトラブルで海外からのカード決済が
できなかったのです。

あらら、残念。ここまでかと思いきや、幸運の女神は微笑んだ。
いや、今回の旅の水先案内人かも。
現地の旅行会社を何軒かあたっていたら、チケット手配可能ですよ~と返信あり。
お値段も当時のレートで一人7000円ほど。
上記には、マチュピチュ遺跡+ワイナピチュ登山+手配料が含まれています。

私たちのツアーには、マチュピチュ遺跡のチケットはついているから、
チケットを再購入することになるけれど、ワイナピチュ単品のチケットはないので
それで手を打つことにしました。

で、ワイナピチュの予約も無事完了し、
印刷したチケットをパートナーが見ながら私にこう言いました。

「レイチェルが、そんなにワイナピチュに登りたかったなんて知らなかったよ」

「えっ?違うでしょ。ワイナピチュに登りたかったのはあなたでしょ?」

「オレは、普通だけど。登れたら登るくらい」

「絶対に登りたいって言ったやん?」

「いや、そんなこと言ってないよ?」

「……?」


は、はめられた。
いやね、マチュピチュ行きが決まった後、今回の旅の水先案内人がやってきて
「ワイナピチュで祈りを捧げて欲しい」とメッセージを伝えていったのです。
まだその頃はワイナピチュの予約ができるかどうかも分からないし、
私自身が登れるかどうか微妙だったので、どうしてもって言うのなら
予約するの手伝ってねと私は返事をしていました。

それがいつからかマチュピチュ話をつめるうちに
「お互いがワイナピチュに登りたい」と思っていることになり、
せっせとワイナピチュへの道が詰まれて行くのでした。(笑)


南米の旅
リオ・デ・ジャネイロ@ブラジル
リオ・デ・ジャネイロの風景@ブラジル
サン・セバスチャン大聖堂@リオ・デ・ジャネイロ
ポン・デ・アスーカル@リオ・デ・ジャネイロ
コルコバードのキリスト像1@リオ・デ・ジャネイロ
コルコバードのキリスト像2@リオ・デ・ジャネイロ

ブラジルからアルゼンチンへ
ブエノスアイレス@アルゼンチン
メトロポリターナ大聖堂@ブエノスアイレス
ボカ地区@ブエノスアイレス
レコレータ墓地@ブエノスアイレス
ブエノスアイレスの夜

ブエノスアイレスからイグアスへ
悪魔の喉笛@イグアスの滝
Hotel das Cataratas@イグアスの滝
朝の散歩道より@イグアスの滝
ボートツアー@イグアスの滝
絶景スポット@イグアスの滝

ブラジルからペルーへ
マヨール広場@リマ
サン・フランシスコ教会@リマ
車窓から1@ペルー
南十字星@パラカス
ナスカの地上絵(前編)@ナスカ
ナスカの地上絵(後編)@ナスカ
家の守り神『プカラ牛』@ペルー

リマからクスコへ
サクサイワマン遺跡@クスコ
アルマス広場@クスコ
車窓から2@ペルー
車窓から3@ペルー
ハイラム・ビンガム・ロード@マチュピチュ
マチュピチュ遺跡1@ペルー
マチュピチュ遺跡2@ペルー
太陽の門(インティプンク)1@マチュピチュ
太陽の門(インティプンク)2@マチュピチュ
Sanctuary Lodge@マチュピチュ
ワイナピチュへの道1@マチュピチュ
ワイナピチュへの道2@マチュピチュ
ワイナピチュ1@マチュピチュ
ワイナピチュ2@マチュピチュ
ワイナピチュ3@マチュピチュ
マチュピチュ村(アグアスカリエンテス)
車窓から4@ペルー

エピソード1@南米
エピソード2@南米
エピソード3@南米
Libertador Palacio del Inka@クスコ
クスコからリマへ
リマよさらば@ペルー
地球の裏側から日本へ

番外編
細幅靴を探して@海外編


関連記事

| スピリチュアル | 19:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT