La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年10月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。




★龍の宴

2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

来年の手帳

そろそろ来年の手帳シーズンということで、今年もいつものMARK'Sで決定のはずでした。

ところが、予想だにしないことが起こり迷走のなか、新しい商品を試すことになりました。


201510SCH01

左から、2014年のMARK'S、2015年のMARK'S、2015年のHANDS手帳です。

私がこよなく愛すMARK'Sのアポイントメント・プランナー”プレミア”
サイズ:B6変型
カレンダー:前年・当年・翌年の3年分掲載
イヤープラン:見開きページで1年のスケジュール管理
マンスリー:ブロック、月曜始まり、月の満ち欠け表示、六曜、前月・翌月カレンダー
ウィークリー:バーチカル(均等割り)、時間枠は7~22時まであり30分単位で記入可、
月の満ち欠け表示、当月・翌月カレンダー
スピン2本
右下コーナーミシン

B6変型バーチカルタイプは、シンプルで使いやすく、バーチカル(土日均等割り)、
新月・満月カレンダーなどが私的には嬉しい機能でした。
しかも万年筆で書いても裏抜けしないというのが、私の中で最大のポイントでした。

が、今回買ってびっくり!
2015年版(リフィル)は裏抜けしました。(T_T)


2015MARKS01
2015年MARK'S B6変型バーチカル アポイントメント・プランナー”プレミア”(リフィル)

他に変更点としては2015年版はバーチカルの時間枠の変更がなされ
7時-22時(2015年版)になっています。

試し書きに使ったいつも使うインクたち。

PILOT:ブルー、ヴァイオレット
PILOT:天色、紺碧、月夜、冬将軍、霧雨(ボトルインク色彩雫)
WATERMAN:フロリダブルー、ブラック
LAMY:ターコイズ、ブルー、レッド
PLATINA:ブルーブラック
SAILOR:ジェントルインク ブルー、タワースカイⅡ(ボトル)、アプリコット(ボトル)
PELIKAN:ターコイズ、ターコイズ(ボトル)、ピンク
DIAMINE:ライトグリーン(ボトル)


2015MARKS02

裏のページに目をやると……あれれ裏抜けしてました。

2014年版はパイロットBLUEが裏抜けしそうな感じだったんですけど、
2015年版はそれ以外にも軒並み裏抜けしてしまいました。
これは結構ショックです。
裏抜けしていないのを数えた方が早いくらい。

パイロット系の濃いインクは初めからあきらめているのでなんとも思いませんが、
よく使うラミーとペリカンのターコイズで若干裏抜けしたのには驚きました。

ということで今のところ万年筆でも大丈夫そうなのは……

WATERMAN:フロリダブルー、ブラック
PLATINA:ブルーブラック
PILOT:ヴァイオレット
SAILOR:ジェントルインク ブルー、タワースカイⅡ(ボトル)、アプリコット(ボトル)
LAMY:ブルー

ブルーならWATERMAN、SAILOR、LAMYなどを使えます。
でも、水色やターコイズを使いたい私としては、残念な結果。
ちなみにボールペン(油性・水性)では裏抜けしません。
これはあくまでも万年筆を使うの場合ですので、あしからず。
ラミーとペリカンのターコイズの裏抜けは本当に若干なので、使えなくもないんですけど。
裏に染みるインクを見るとテンションが下がるので……。

もしかしてリフィルだから、紙質がいつものと違うのかと思いMARK'Sさんに問合せしました。
しかし頂いた回答には、「カバー付手帳もリフィルも同じ紙を使用しています。
紙質は2014年版と同じものを使用しています。」
とあり謎は深まるばかり。

同じ紙質なら同じ現象になるのでは?
でも、2014年版はほぼ裏抜けせず、2015年版では裏抜けする。

う~ん。
個人的には、紙の色や手触りも違うし、私には同じものとは思えないんですが、
どうしてなの?

気になるので、もう一度2014年版に同じインクで試し書きをして比べて見ました。


2014MARKS01
2014年MARK'S B6変型バーチカル モノクル×マークス

使用したインクは上と同じもの。


2014MARKS02

恐る恐るページをめくるも、パイロットのブルー以外は大丈夫そう。
前回のブログでも書いてますが、ラミーのレッドも怪しいです。
でも、この2色以外は平気。

やっぱり同じ紙質ではないよね?

となると、やっぱりリフィルだから?とか気になっていましたが、
再度MARK'Sさんに確認していただいたところ、
「カバー付もリフィルも同じ紙質ですが、
ご指摘のように2014年と2015年の紙質は違うものでした」

という回答が届きました。

それをうけ、手帳のメーカーを変えてみることにしました。

が、私手帳には色々とこだわりがあるので探すのに苦労しました。
どこか妥協しないと、ないんですよ。

全ての希望を満たすものが
MARK'S B6変型バーチカルアポイントメント・プランナー”プレミア”
だっただけにつらいですね。

2015年のEDITは紙質が改善されているそうで気になりましたが、
残念ながらバーチカルが均等割りじゃない。

どうしてもバーチカル(土日均等割り)は譲れません。
あっ、新月・満月カレンターも。
他にも見た目のシンプルさとかいろいろあるんです。

結果、ハンズ手帳を買いました。


201510SCH02
2015年のMARK'S、2015年のHANDS手帳

大きさがMARK'SはB6変型で、HANDS手帳はB6なので、
ほんの少しHANDS手帳が大きいですね。

3年カレンダー
イヤープランページ
マンスリーページ
ウィークリー(バーチカル均等割り)
スピン1本
右下コーナーミシン

もあり、見た目もシンプルでほぼ欲しい機能は満たしてます。


201510SCH03
マンスリーページ

月曜始まり
新月・上弦・満月・下弦のおしらせ付
右側にメモの書ける余白あり
前月・翌月・翌々月カレンダー


201510SCH04
ウィークリーページ

月曜始まり
バーチカル(土日均等割り)
時間枠:7-24時(マスが小さいので記入は一行程度)
前月・翌月・翌々月カレンダー
右側にメモの書ける余白あり
下段に余白と朝・昼・夜のメモ(メニュー)を書く欄あり

妥協したところは、
時間枠が狭いので、30分ごとに記入できないこと。
新月・満月のお知らせがウィークリーページにはないこと。

一方、MARK'Sは時間枠が広いので2行ぐらい書けるんですよね。
そして、ウィークリーページにも新月・満月のお知らせもあるので便利でした。


では、早速万年筆での試し書きを。


2015HANDS01
2015HANDS手帳B6 バーチカル

使用したインクは上と同じもの。

PILOT:ブルー、ヴァイオレット
PILOT:天色、紺碧、月夜、冬将軍、霧雨(ボトルインク色彩雫)
WATERMAN:フロリダブルー、ブラック
LAMY:ターコイズ、ブルー、レッド
PLATINA:ブルーブラック
SAILOR:ジェントルインク ブルー、タワースカイⅡ(ボトル)、アプリコット(ボトル)
PELIKAN:ターコイズ、ターコイズ(ボトル)、ピンク
DIAMINE:ライトグリーン(ボトル)

パイロット系のインク、ラミーRED、DIAMINEで多少にじみが見られます。


2015HANDS02

紙が薄いので透けて見えますが、裏抜けしていません!
すごいですね。これで透けなきゃもっといいのに(←贅沢?)
とりあえず、裏抜けを気にすることなく、万年筆を使えそうです。

でも2014年のMARK'S B6変型アポイントメント・プランナー”プレミア”は
ここまで透けなかったし、裏抜けもほとんどなくて優秀な紙質だっんだんですよ。
本当に惜しいわ。

まぁ、新しい試みは改善・改良のためにしていると思うので、
気の早い話ですが2016年のMARK'S B6変型バーチカルに
期待したいと思います。



来年の手帳(2015)
手帳カバー@STORAGE.it
はじめてのクオバディス

関連記事

| ステーショナリー | 15:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT