La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年10月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。




★龍の宴

2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Change & Try

「自信を持つ」という言葉にあなたはどんなイメージを持っていますか?

自分に自信が持てないと思っているその裏には、
もしかしたらあなたのイメージが関係しているかもしれません。

威張ってそう、嫌味な感じ、傲慢だというネガディブなイメージ。
堂々としている、輝いている、エネルギッシュだというポジティブなイメージ。

これらはどちらも自信を持った人の行動があなたに与えたイメージではないでしょうか?

そのインパクトが強くて自信を持つことに抵抗があるのなら、基本に戻りましょう。
自信は「自分を信じる」と書きます。
自信を持つために、威張ったり、無理に堂々とする必要はありません。

まずは自分を信じてあげましょう。

毎日自分が当たり前にしている作業、考えてみたらたくさんあると思うんですよ。
私たちはそれをこなして生きています。

何もないわという人。
いえいえ、生きてるだけで結構してるんです。

たとえば、呼吸ひとつにしても吸って吐くという動作は結構大変なことだなと
病気をした時に思いました。
毎日鼓動を刻んでいる心臓。動いているのが当たり前になっていますが、
この活動ってすごいですよ。
そういうパーツが集まってあなたを形成しています。

仕事をしていたり、家事をしていたり、子育てをしていたり、
取り巻く環境は違っても毎日生きている。

自信を持つとはそんな「自分を信じる」こと。

特別なことではありません。

「自信を持って」と声をかけられたら、「自分を信じて」に変換する。

Let's Change & Try!


関連記事

| つぶやき | 11:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT