La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年11月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。




★龍の宴

2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

恋焦がれて

最近、Pelikan th.INK(シンク)にはPelikanのロイヤルブルーを入れています。
以前はPILOTの色彩雫「月夜」をよく入れていました。


20150410

Pelikanのロイヤルブルーは、少し薄めの鮮やかな青で、
多くの方がお気に入りとされているのがよく分かる色です。

実は、この万年筆、Pelikan th.INKが廃番になっていました。
手ごろな価格で、しかも使いやすくて気に入っていたのに!!
なぜ~?もう1本買っておけばよかったかも。


本を書き上げたら、自分へのご褒美に欲しいと思っていたものがありまして、
ずっと恋焦がれておりましたの。

それはペントレイ。
ベントレイ(車)ではありません。ペントレイ(万年筆の収納ケース)です。
ちなみに車なら私はエンツォフェラーリが好きです。
値段を知って前のめりになり、現実を知ったのは言うまでもありませんが。

ペントレイは、2年ぐらい前からこれというものに目星をつけていたんですよ。
木製のしっかりしたものが欲しいなと思い、20本用、40本用、100本用の
収納ケースを文具屋さんで見ていたのです。
それと同時に重ねられる15本用も気になっていました。
箱根で見た寄木細工の収納ケースもすごーく惹かれます。

今使うのなら40本用収納ケースですが、やっぱり万年筆は増殖しますからね。
増えることを見越して重ねられる15本用を何個か買うというのが一番いいのかもと
思い始めている次第です。

買い物は買うまでが楽しいとよく言いますが、
ステーショナリーは買ってからも楽しいと思うのは私だけでしょうか。


関連記事

| ステーショナリー | 19:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT