La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年11月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。




★龍の宴

2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

MT

先月にプツっと切れて以来、リフレッシュ休暇中だった私専用のTALISMANストラップ、
そろそろ準備が整ったということで、今月の初めにお直ししました。
さあ、これで気持ちも新たにまたお仕事開始と思っていたら、
どうも様子がおかしいのです。

いつもなら、お直しが終わるとウキウキするようなエネルギーが
石たちから伝わってくるのに代わりに訪れたのは長い沈黙。

石の状態はOK。
創りも問題なし。
だけど、無反応???

えっ、なんで?
と石に意識を集中すると、なんと石についてきた私の眷属が
ちょっとばかしスネていることが判明しました。
この石には私を守護してくれている龍以外の眷属が宿っているのです。
私とのつきあいは平安時代からで、その後も必要な時に出逢っていたようです。
昔は契約で縛られていたけれど、今はもう契約でしばっているわけではないので
基本彼は自由です。いわばフリーエージェント。
でも、再会した時に向こうから私を選んでくれたので今こうして一緒にいます。

それが、なんでスネているのかというと……。
初めは私に気づいてもらえるように石に宿り、石を媒体として呼び出したりしていたが、
今はもう石がなくても呼ばれれば応じれるような関係ができたし、
呼ばれなくても側にいて守護している状態なので石にこだわる必要ないはずだという想いと
出番が少ない、龍ちゃんズの方が重用されているという想いからのよう。

あ~それはちょっと誤解があるかも。
石は千切れて、結ぶでも書いたように、好きだから側におきたいだけで、
石(TALISMANストラップ)がなくても大丈夫なことは証明されているし、
君の事は信用しているよ。
ただ青好きな私としては、身近に青いものを持っていたいのです。
仕事の件は、君はヒーリング向きじゃないから、そういう時は龍ちゃんズの出番になって
セッション中に側にいても出番なしということも多々あるのだけれど、
それぞれに得意なことを割り振っているだけで他意はない。
君は対心霊系や対攻撃部門だから、私が多感な年頃の時に出逢っていれば、
日夜大活躍なくらい出番は多かったと思うけど、
それだと私が依存してしまう可能性があるからタイミングじゃなかったんだろうね。
あの頃と比べてめっきり減ったとはいえゼロじゃないから、
君が側にいてくれて私はすごーく助かってるんだよ。
仕事は速いし、ボディガードとしても優秀で、とても頼りになる存在です。

というようなことを伝えて、誤解は解けたけれど、
そもそも誰のおかげで私の周りに不穏な空気が渦巻けないかというと
君のおかげなんだけど。
君が側にいるから近寄れないんだって。
だから、必然的に何かをするという出番は少なくなるかもだけど、
そこに居るだけで役目は果たしてるんだな。

意欲的なのはいいけど、出番が少ないという悩みにもつながるのね。
適材適所に配置しようとすると、こういうこともあるかもね。
年に1~2度もしくは四半期ごと、私をサポートしてくれる眷属たちと
こういう意見交換(MT)をするのは大事かも。


関連記事

| TALISMAN | 11:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT