La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年10月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。




★龍の宴

2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

天井が近っ!

7才ぐらいの時、おもしろい遊びを発見した。

天井の木目を見ながら寝ていると
どんどん天井に自分の体が近づいていく。

ふわふわ浮いているような心地よさ。
手を離した風船が飛んでいくような上昇感。
スローモーションでトランポリンを跳んでるような感じ。
子供心にそれがおもしろくて夜ごとその感覚を楽しんだ。

するとある日、天井の木目に近づきすぎて
ぶつかると思った瞬間に自分の体が木目と重なり
そして木目をすり抜けていた。

アレっ?

と思った瞬間に下へ引き戻され、ガクンという衝撃を体に感じた。

天井までしか行けないと思っていたけど違った。
なんだかヒミツに近づいたようでドキドキした。

引越して天井が木目でなくなっても同じだった。
なぜだか分からないけど、体が天井に近づく。
おもしろい遊びを見つけた子どもの私は
この浮いている感覚が楽しくてあきるまで続けた。

・・・・・・それが幽体離脱だとは知らずに。

#事実を知ったのはずいぶん時が経ってからでした。(笑)


関連記事

| スピリチュアル | 13:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT